今年は多い免疫力低下!

治療家を志して早36年。
長年、沢山の患者さんを診療していると1年間の傾向が見えてきます。

そのうちの一つが、秋口の朝晩が涼しくなってくる頃になると多くの方が体調を崩しやすくなることです。
夏の猛暑で免疫力が低下して、少し涼しくなって来ると気が緩むんですかね?
体調を崩される方が多いです。

ただ、今年は例年とは違うと予想をしていましたが、やはり当たりました。

今年は年頭からコロナウイルスが猛威を振るい、常に消毒、マスク、三密…と長期間に渡って私たちにストレスを与え続けています。

このストレスが扁桃を中心に身体の免疫力を低下させます。
実際に腹診(おなかを診察)をしていると多くの患者さんに免疫力低下の反応点に圧痛が見られます)

今年の秋冬は例年の夏の猛暑に加え、長期間に渡るストレスが加わりますのでかなり気をつける必要があります。

定期的に鍼灸治療を受けている患者さんは良いのですが、そうでない方はせめて自宅での毎日のお灸をお勧めします。

コロナウイルスは当分は続きます。
第3波はこれからです。
インフルエンザもこれからです。
今からでも遅くはありません。

お灸をするのとしないのとでは雲泥の差があります


免疫力アップ、自律神経の安定のためには、とにかく自宅でお灸です!


やるかやらないかはあなた次第です。
あとで後悔するもしないもあなた次第です。